ブルーライト対策

ブルーライト対策

「ブルーライト」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

薄型テレビやパソコンの画面などは光を放って映像を表示していますが、その中に青い成分の光も含んでいます。

 

ブルーライトによってモノが鮮やかに見える効果があります。

 

有害なの?

 

太陽の光にもブルーライトが含まれているので、それ自体は自然な光と言えます。

 

しかし太陽とは違って、電子機器の画面は長時間 見つめることになるので、目には非常に多くのブルーライトが当たることになります。

 

目に多くのブルーライトが当たると悪い影響があるということが、最近の研究によって分かってきました。

 

青い光は波長が短くエネルギーが強いので、弱い細胞にはダメージを与えてしまいます。

 

目の水晶体や網膜は非常にデリケートな組織なので、ブルーライトがたくさん当たるとダメージを受けることになります。

 

当るのが短時間では問題がありませんが、長時間さらされるとよくありません。

 

対策方法は?

 

ブルーライトを対策するために、ブルーライトをカットするメガネやパソコン用フイルムなどが開発されて市販されています。

 

一時期、あるメガネメーカーのとあるブランドがとても有名になっていた記憶はまだ新しいかもしれません。

 

研究の結果、もともと目の黄斑部に存在するルテインゼアキサンチンはブルーライトを吸収する働きをすることが分かったそうです。

 

また、活性酸素を取り除いて細胞を保護することも分かっています。

 

ルテインは黄斑部のほかに水晶体にもあるのですが、疲労や加齢によって次第に減少していってしまいます。

 

このルテインを補充することができれば助かるのではないでしょうか。

 

実はブルーベリーのサプリメントの中にはルテインを配合しているものもあります。

 

ごく最近の研究では、ブルーベリーの中に入っているアントシアニンにもブルーライトの害から目を守ってくれる働きがありそうだということが分かってきました。

 

今の電子機器をたくさん使用する生活ではブルーライトを避けることはできないかもしれません。

 

それでも、適切な対策を施すことによって目に対するダメージを減らすことができます。