病気予防に

病気予防に

ブルーベリーの効果は病気の予防にも役立つことが分かっています。

 

病気の予防といってもブルーベリーは薬ではありませんから確実な効果が期待できるわけではありません。

 

もし病気になってしまったなら適切な治療を受けるようにしましょう。

 

糖尿病の予防に

 

人間はおよそ60兆個の細胞でできています。

 

細胞たちは常に代謝を繰り返していて、糖質を取り込んでエネルギーを生み出しています。

 

この糖質を取り込むのに欠かせないのが「インスリン」です。

 

U型の糖尿病の場合、インスリンが正常に働かないので細胞の中に糖質が取り込まれずに、血液の中にあふれています。

 

そのため細胞は飢餓状態になり死んでいってしまいます。

 

この状態が体のさまざまなところで起こるとあらゆる病気の原因になります。

 

最近行なわれた糖尿病のマウスを使った実験によると、北ヨーロッパ産の野生種ブルーベリーの抽出物を与え続けたところ、細胞の糖質の取り込みが促進されていることを発見しました。

 

これによって血糖値が改善されることがわかりました。

 

メタボの予防に

 

ブルーベリーの一種ビルベリーにはメタボリックを予防する効果があるともいわれています。

 

北ヨーロッパ原産のビルベリーを使用した実験です。

 

コレステロールや脂肪の多い餌を与えてメタボリックにしたマウスに、ビルベリーを入れた餌を与えたところ、内臓脂肪量や血糖値が抑えられていくことがわかりました。

 

炎症の改善に

 

身体の炎症を改善する点でもブルーベリーの効果があるとみられています。

 

赤く腫れたり痛くなったりするのが炎症です。

 

免疫機構の活動の結果ですが、過剰に反応して炎症を起こしていることがあります。

 

皮膚の粘膜の炎症などは放置しておくと悪化してしまい、病気の原因になりかねません。

 

炎症していて良いことは何一つありません。

 

なるべく早く抑えることが大切ですが、その点でブルーベリーを活用することができます。

 

花粉症も免疫作用による炎症の一つです。

 

かゆみを起こさせるヒスタミンの量を抑えることによって症状を改善させることができます。

 

 

病気の予防は毎日の生活習慣が大きく影響しています。

 

ブルーベリーやビルベリーを毎日の習慣の中に取り入れて健康的な毎日を送りましょう。

 

 

次はこちら
元気に働きたい方に