ブルーベリーサプリの副作用

ブルーベリーサプリの副作用

なんであっても毎日摂取するものだとその副作用がないか気になりますよね。

 

薬であれば必ず副作用のことを心配するものです。

 

サプリメントの種類によってはどんな副作用があるかを考えなければなりません。

 

ではブルーベリーのサプリメントの副作用はどうなのでしょうか。

 

副作用はあるか

 

結論から言えば、ブルーベリーサプリメントは食品由来のものなので副作用はほとんどありません。

 

多少関係するのはアントシアニンの割合です。

 

割合が25〜36%の範囲であれば副作用の心配はほとんどありませんし、効果が感じられるちょうどよい割合とされています。

 

通常はサプリメントや薬はこの割合で製造されているので、個人として特に気を付けることはないでしょう。

 

確認したい場合は、パッケージの成分表にあるアントシアニンの割合をチェックしましょう。

 

ぜひ確認を

 

むしろ気を付けたいのは1日に摂取する量のほうです。

 

1日の目安は約160〜480mgとされています。

 

とは言ってもサプリメントで取り入れる場合は、パッケージにある摂取量の目安表示のとおりに守れば問題ありません。

 

ほかのサプリメントと一緒に使う場合はどうなのでしょうか。

 

その場合でも健康な方であれば副作用が起こる心配はほとんどありません。

 

ブルーベリーは血液をさらさらにする効果があるので、ある薬を飲んでいる場合はその作用に影響を与える場合があります。

 

特に、出血しやすい病気血栓症の治療のために服用している場合は注意が必要です。

 

前もってかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

 

安心です

 

健康な方の場合は副作用の心配はほとんどありませんので、眼精疲労や白内障、月経困難症などの改善のために活用する場合は、少し多めに摂取しても良いと考えられています。

 

ブルーベリー以外の一般的なサプリメントについて言えば、過剰に摂取することによって副作用を引き起こす場合があるので注意しましょう。

 

成分が過剰になることによる弊害や、サプリメントの原材料がアレルギー物質だったりすることによるアレルギー症状を引き起こすおそれがあります。

 

とくに妊婦さん、授乳中のお母さん、アレルギー体質の方、小さいお子さんなどの場合は気を付けましょう。