目の健康体操

目の健康体操

動かない生活

 

体操が好きな方は毎日時間があればまめに体を動かしていますよね。

 

現代人の生活スタイルは体をじっとしていることが多いのではないでしょうか。

 

椅子に座る、満員電車、PC操作、スマホ、テレビや音楽鑑賞、読書、車の運転など、かなりの時間で体を使っているようで使っていないものです。

 

この記事を読んでくださっている今も体はほとんど動かしていないことでしょう。

 

目の体操

 

さて、ここでは体の中の目の体操について扱いたいと思います。

 

実は、先ほど挙げた活動のほとんどで目もかなり使っているはずなのです。

 

目の体操をしてご自分の目をいたわってあげてくださいね。

 

目の体操というのは、「眼筋」という目の周りにある筋肉の疲れをほぐす体操です。

 

はじめに十分に深呼吸して体をリラックスしておきましょう。

 

1. 鼻からゆっくり息を吸い込みお腹にためるようにします。
2. 口からゆっくり吐き出しましょう。そのとき唇をすこし細めてやや抵抗がある感じにします。

 

これを2〜3回繰り返しましょう。

 

いよいよ眼筋体操です。

 

上下左右体操

目を大きく動かすことで疲れを取るストレッチです。

 

ポイントは、顔は正面に向けたまま動かさず、顔の各パーツを見る「つもり」でキュッと視線だけを向けてください。

 

1. 右まゆを見ようとします。3秒したら視線を正面に戻します(以降同じ)。
2. 左まゆを見ようとします。
3. 右ほほを見ようとします。
4. 左ほほを見ようとします。
5. 右耳を見ようとします。
6. 左耳を見ようとします。
7. 髪の生え際、そしてアゴを見ようとします。
8. 最後に鼻を見つめます。

 

自宅なら誰かと一緒にすると楽しいですよ。

 

ぐるぐる体操

目を滑らかに動かす体操です。

 

1. ゆっくりと右回りに目を回します。2〜3周します。
2. 同じように左回りで2〜3周します。
3. 最後はヨリメにして5秒。正面に戻してリラックスしましょう。

 

これは体調のよい時に、目の回らないくらいのゆっくりペースで行なってみてください。

 

目だけの体操なら周りの人にあまり気付かれずに行うことができるので、かなりお勧めです。

 

いかがですか。簡単にできたのではないでしょうか。

 

仕事の合間にちょっと手を休めながら、眼筋をストレッチしてほぐしてあげましょう。

 

 

次はこちら
毎日の習慣で予防する